Sponsored Link

夢物語か女一人で海外移住(マレーシア下見編エピローグ)

夢物語か女一人で海外移住(マレーシア下見編エピローグ)

 

マレーシア移住を決めた下見旅行も最終日。

夢物語か女一人で海外移住(マレーシア下見編7)

イポー郊外に位置するメルバレーゴルフリゾートは
イスラム教のマレー系の住民が多くを占めるエリアです。
 

まだ暗いうちから鳴り響くコーラン放送で
ぼんやりと目を覚ますと、改めてここが異国だという事、
これからこの国で暮らすのだという
実感のようなものが湧いてきました。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

マレーシア移住を決意・その後

辺りはまだ暗いと言っても、
常夏マレーシアの夜明けは朝7時。

日本の夏の夜明けは朝5時ごろなので、
こんな違和感にも慣れていかなければいけません。


日本人ご夫婦があてがってくれた部屋で
荷造りをし、帰りは車で駅まで送っていただきました。

P1070952

美しいイポー駅再びです。

 

何から何までお世話になった日本人ご夫婦に
別れを告げ、電車へと乗り込みます。


マレーシア移住を決意したからには、
帰国後はすぐにMM2H申請に向けて動かねばなりません。


改めて周りを見回してみると
車内にはマレー系、中国系、
インド系と様々な人種の人々がおり、
彼らに対して妙な親近感を覚えている自分がいます。

マレーシアが第二の故郷となるのかもしれないと思うと
不思議な気分です。

2015y12m09d_225802603

下見を経て帰国した日本は…


KLセントラル駅からKLIAへ再び。
夜の便で離陸し、早朝に成田空港へ到着。

12月初頭の早朝の成田はとても肌寒く、
自宅へ向かうバスの車窓から見える景色は
なんだかとても異質なものに見えました。

 

 

 

 

Sponsored Link

 

 


今回マレーシアへの滞在は一週間足らず。

たったそれだけなのに、一つのゴミも無い道路や
整然とした交通マナー、畑にうっすらと降りる霜までもが
まるで異国の風景のように映ります。

既に見納めの気持ちになっているのか。

気が早いと言えばそうですが、
人間の脳はこうも切り替えが早いのかと
関心するほどです。


生まれ育った日本と決別し、マレーシアで暮らす。

心の準備が整った今、迷いは微塵もありませんでした。

第二の人生の幕開けです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

夢物語か女一人で海外移住(マレーシア下見編プロローグ)

夢物語か女一人で海外移住(マレーシア下見編1・初上陸)

夢物語か女一人で海外移住(マレーシア下見編2・イポーへ)

夢物語か女一人で海外移住(マレーシア下見編3・イポー市内散策)

夢物語か女一人で海外移住(マレーシア下見編4・マッサージ)

夢物語か女一人で海外移住(マレーシア下見編5・夜屋台)

夢物語か女一人で海外移住(マレーシア下見編6)日本人居住区

夢物語か女一人で海外移住(マレーシア下見編7)移住決定

Sponsored Link



コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ