Sponsored Link

夢物語か女一人で海外移住(マレーシア下見編5・夜屋台)

夢物語か女一人で海外移住(下見編5)

 

マレーシア旅行2日目の夜。

第三の都市イポーで腰を落ち着けた私は、
イポーの街並みや食事、マッサージを堪能し、
開放感からすっかり夢心地気分。

そしてそんな自分をかえりみて
気を引き締めようとしていた矢先、
目の前にみるみる赤いテント街が立ち並び始めました。

夢物語か女一人で海外移住(マレーシア下見編プロローグ)

夢物語か女一人で海外移住(マレーシア下見編1・初上陸)

夢物語か女一人で海外移住(マレーシア下見編2・イポーへ)

夢物語か女一人で海外移住(マレーシア下見編3・イポー市内散策)

夢物語か女一人で海外移住(マレーシア下見編4・マッサージ)

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

マレーシアの夜屋台

くつろぎ気分で広げていた荷物を急いでまとめ、
テントに近づいてみると…。

P1070891

夜のマレー屋台街が出来上がっていました。
 

何のマジックかと思われるほど、唐突に現れた
マレー屋台。

しかしマレー料理はさっぱりわからず、
彼らに英語が通じるのかもわかりません。


唯一の知識として記憶あったのは、
イポーはマレーシア屈指のグルメの街で、
イポー産シャキシャキもやしのチキンライスで
有名だということ。


丁度いい具合にお腹が空いていた
私の頭はチキンライスで一杯になり、
しかしどのお店にオーダーすればよいのかもわからず、
まごつきながら屋台街を2~3往復する体たらく。

2015y12m09d_225215673


日本で言われたらドン引きする発言も、
異国の地で異国のおじさまが言うと
なんと素敵に聞こえることか。

P1070896

チキンライスの美味しさと安さと、
屋台の楽しげな雰囲気も
相まって、ますますイポーが好きになりました。
 

仕事で疲れた体をマッサージで癒し、
南国の開放的な空のもと、
ふらりと立ち寄った屋台で食事。

そしてそのどちらもが格安のお値段。

そして移住後のそんな生活を現実的に
想像し始め、ワクワクしてきました。


高揚感のままに、もう少しぶらぶらしていたいけど、
時間は既に夜8時。

女一人旅なので、そろそろホテルに戻ることにします。

 

 

 

 

Sponsored Link

 

 

ホテルのバスタブで熱い湯につかり、
大満足の一日を振り返りながら、

住むならグリーンタウン周辺がいいなぁ。


と思い始めていました。

しかしこのあたりの治安はどうなのか。
家賃相場はどうなのか。
日本人はいるのか。
犬は飼えるのか。
スーパーはどこにあるのか。

そういった現実的な問題や情報がさっぱりわかりません。

もう少しゆっくりイポーという街を
観察する必要がありそうです。

夢物語か女一人で海外移住(マレーシア下見編プロローグ)

夢物語か女一人で海外移住(マレーシア下見編1・初上陸)

夢物語か女一人で海外移住(マレーシア下見編2・イポーへ)

夢物語か女一人で海外移住(マレーシア下見編3・イポー市内散策)

夢物語か女一人で海外移住(マレーシア下見編4・マッサージ)

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

Sponsored Link



コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ