Sponsored Link

犬と暮らすマレーシア・イポーの快適生活

犬と暮らすマレーシア・イポーの生活

66

↓クリックしていただけると更新の励みになります。↓

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

愛犬とのアクティビティー

 

マレーシア移住の際、
KLではなくイポーでの生活を選んだのは総じて二匹の愛犬の為でした。

イスラム教のマレーシアでは犬は不浄のものとされており、
中国系が人口の70%を占めるイポーですら犬を持ち込めない場所も
数多くあります。

マレーシア・イポーで愛犬と暮らす

イポーの住宅地には所々にこのような大きな広場があり、
散歩の際には自由に放すことも出来ます。


現在私の住むエリアでは車の通りも少ない為、
リード無しで散歩しているご近所さんも多数。

その殆どが多頭飼いという、まさに愛犬家の集まる犬天国です。


しかしこれが日常生活となれば、
更にアクティブに犬を遊ばせたくなるのが愛犬家の心理。

そしてこの時強い味方になるのが大型犬のオーナーです。

犬を連れていける公共の場でも、
大型犬を自由に放すことはさすがに憚られます。
ドーベルマンを飼い犬に持つ、
犬友達のカヒンさんがまさにその一人でした。

様々なアクティビティー・ポロクラブ

カヒンさんが愛犬のトレーニングに使用しているのが
このポロクラブ。

こちらの馬場は朝方は自由に解放されており、
面積はこの通り、果てしなく広大。

犬たちもここぞとばかりにアクティブに走り回りました。

こちらには養鶏場が併設されており、
脱走していた鶏を犬がハンティングするという
事件もありましたが、幸い鶏は生存しており、
ほっと胸をなで下ろしました。


チキン(鶏)代を払えばいいんだよ、とカヒンさんは笑っていましたが、

心理的にそういう問題ではありません。

 

 

Sponsored Link

 

 

 

野生のマレーシアビーチ

 

こちらはイポーから車で一時間半ほどの野生のビーチ。
近くにはアーミーキャンプがあり、まさにサバイバル。