Sponsored Link

夢の海外移住を愛犬と~その為にすべきことは?

海外移住を愛犬と

犬2匹と海外移住~輸入の諸手続きまとめ

 

私のマレーシア移住は現役フリーランスに加え、
犬二匹のオプション付きで、
他と比べると少しレアなケースとなっています。

犬を置いていくという選択肢は無かったので、
最初はとにかく情報を集めるところから始めました。

※漫画内では成田空港とありますが、
 厳密には
最寄空港の検疫所です。
 ご注意ください。

63

ランキングに参加しております。
↓ポチっと押して頂けると嬉しいです(*^-^*)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

イギリスでの苦い経験再び

私のマレーシア移住は現役フリーランスに加え、
犬二匹のオプション付きで、
他と比べると少しレアなケースとなっています。

犬を置いていくという選択肢は無かったので、
最初はとにかく情報を集めるところから始めました。


実は犬の国外輸送は今回が初めてではありませんでした。
過去のイギリス生活時代、どうしても実家の犬が恋しくなった私は、
現地イギリスで子犬を飼いました。

その犬を日本に連れて帰る為に万全の準備をしたつもりが、
帰国のフライトをオランダ経由便に変更した為に
大変なトラブルに合いました。


現地イギリス友人たちの助けで、
結果的に犬は2か月後に日本に辿り着きましたが、
「ちょっとの手違い」で事がスムーズにいかなくなる。

動物という生命を扱う際に、その「ちょっとの手違い」
は絶対に避けたい。
万全を期すべく、
まずは徹底的な情報収集に勤しみました。

 

最寄り空港検疫所HPを参照する

 

この手の細かい規定はリアルタイムで変わっていくので
今回の記事で詳細は省きますが、準備は数か月前から始めました。

というのも犬には決まった時期に決まった回数の予防注射の接種と
その証明書(英訳)が必要になり、早すぎても遅すぎても駄目。

移住日に合わせたスケジュールを組むのが最初の作業となりました。

 

予防接種については英訳の証明書を発行できる近場の獣医さんを
探し、犬のIDとなるマイクロチップは既に挿入済みだったので
割愛しました。

作業はすべて最寄り空港である成田空港検疫所のホームページに
沿って行いました。

Sponsored Link

 

輸送用ケージと航空会社

犬の輸送は航空会社に予約をしますが、
各航空会社によって輸送費用は違います。

私はJALのサービスを利用。
こちらは1ケージ毎の料金となり、
私の場合は1ケージに犬を二匹入れて12500円でした。

※1ケージに2匹の犬を入れる場合、犬同士の仲の良さ、
その他が条件として入ります。


ここで気を付けたいのがケージ選び。
航空輸送に耐える頑丈なケージとして、バリケンネル社
(他、航空会社認定)のケージがお勧めです。

犬がケージ内で反転して向きを変えられるサイズが必須。

他の移住者さんのケースでは、小型犬を通常のケージで
輸送しようとしたところ空港で止められ、
バリケンネルのケージ(特大サイズ)をその場で購入させられ、
しかも重量課金の航空会社だったために6万円の費用が掛かった
とのことでした。

 

自宅からの迎え、現地への届を全て行ってくれる
「カーゴサービス」なるものもありますが、
調べたところ費用は20数万円でした。


これは無理。

犬の輸出入書類とマレーシアでの検疫

犬の輸出入には日本とマレーシア、
それぞれの書類を準備する必要があります。

日本側の書類は最寄りの成田空港検疫所の規定に沿って自分で用意、
マレーシア側は現地の日本人エージェントさんに頼みました。

お値段は二匹で800RMでした。


全ての書類を揃えて飛行機に乗り、KLの空港に到着。
犬は貨物扱いだったので、
出てくるのを待つ時間はとても長く感じました。
(小型犬や猫であれば航空会社によっては
機内に持ち込めるケースもあります)

無事犬を受け取り、感激の再会を果たした後は荷物受取と
同じ構内にある検疫所のオフィスへ。

必要な書類を渡し、40~70RMほどの費用を支払、
40分ほどで全てが終了。


日本は狂犬病の無い国なので、
日本からの輸出はこのようにスムーズに進みます。

 

しかし逆にマレーシアから日本に犬を輸入する場合、
条件は厳しくなります。

準備には数か月を要するので、直ぐに帰国の可能性がある場合は
日本側であらかじめ準備が必要です。

書類が不十分な状態で帰国した場合、
空港検疫所で最長で6ヶ月の犬の係留が必要となり、
一日あたり数千円の費用は飼い主の自己負担。


膨大な費用がかかることになるので、
事情に合わせた十分な準備をおすすめします。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

 

Sponsored Link



4 Responses to “夢の海外移住を愛犬と~その為にすべきことは?”

  1. おざしん より:

    こんにちは。はじめまして。

    ジョホール在住一か月目のおざしんと申します。

    マレーシアの情報を探すうちに当ページに辿り着きました。

    色々お値打ち情報満載ですね!!

    おおいに参考にさせていただきたいと思います。

    特に私も二匹のワンコを日本から連れて来る予定があり色々と御教授いただければ幸いです。

    宜しく御願い致します。

    • SUN より:

      おざしんさま初めまして!コメントをいただきありがとうございます。

      1匹でも少ない犬連れ移住の中で、2匹のわんこは相当レアですよね!

      ジョホールでならわんこも防犯に関して大活躍してくれると思います。

      私でお役に立てることがあればいつでもご連絡くださいませ(^^)

  2. まい より:

    はじめまして。今度2匹のトイプードルと一緒にジョホールバルに移住することになりました。手続きを調べていてこちらのサイトにたどり着きました。とても詳しくてわかりやすくて参考になりました。ありがとうございます。現地のエージェントを使ったとのことですが、どこをお使いになったのか教えていただいてもよろしいでしょうか?小さなこどもを連れての移住ですので、犬のことで失敗したくなくて(>_<)よろしくお願いします。

    • SUN より:

      まいさん初めまして。
      手続きについてですが、私はMM2Hのビザ代行業者にビザ取得と一緒にお願いしました。

      私が頼んだ業者はあまりお勧めは出来ません。
      輸入の書類取得はどの代行業者も行っているサービスかと思いますので、
      めぼしい業者に電話してみて、ご自身の印象で判断することをお勧めします。

      犬とお子さんを連れての移住はとても心配ですよね。すべてがうまくいくようお祈り申し上げます。

       

このページの先頭へ