Sponsored Link

マレーシアが1年を通してベストシーズンな理由

マレーシアが1年を通してベストシーズンな理由


マレーシアは赤道の真上に位置する常夏の国。

日本のような四季があるわけではないので
言ってみれば1年中同じ、
もとい、1年中がベストシーズンとも言えます。


しかしそれではアバウトすぎるので、マレーシアの
ちょっとした季節の違いとベストシーズンを
自分なりにまとめてみました。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

マレーシアのベストシーズン

マレーシアを訪れる旅行者の大半が良しとするのが
2月~9月の乾季のシーズン。

乾季のピークは4~9月で、毎日天気も良く
南国を楽しむにはベストなシーズンと言えるでしょう。


しかし問題はその暑さ。

マレーシアでは日中は30度を軽く超えます。
湿度が低いので日本の猛暑ほどではないにしろ、
歩き回っての観光はなかなかの苦行になります。


そして乾季と言っても雨が全く降らないわけではなく、
時には毎日のように激しいスコールに見舞われます。

30分から1時間の短時間に一気に降るスコールは
「バケツをひっくり返した」という表現がぴったり
当てはまるほどの激しさ。

マレーシアのスコールは傘や雨具があっても
濡れるのは決して避けられないレベルです。


雲行きが怪しくなった場合は早めに避難場所を見つけて
おくのが吉となるでしょう。
 

山や海などの自然を満喫する場合、
もしくは暑さに強い方は乾季がベストシーズンとなります。

 

マレーシアのベストシーズン・雨季

雨季というとジメジメとした日本の梅雨を
イメージしがちですが、こちらも乾季と同様、
雨季だからと言って毎日雨が降り続くわけではありません。

基本的には乾季より多少高い頻度と少し長い時間
雨が降るのみで、あとはカラリと晴れるのが常。

一度のスコールによる雨量も乾季ほど激しくはありません。


何より雨季の一番のメリットは開放的な南国を
涼しく快適に過ごせるという点です。

※マレーシアではいったん雨が降ると気温が一気に下がり、
過ごしやすくなります。


少しでも雨を避けたい旅行者にとっては
乾季がベストシーズンとなりますが、
移住者側の視点ですと毎年雨季が待ちきれないのが本音です。

涼しい雨季にはエアコンも不要となり、気温と共に
電気代も一気に下がるという嬉しいオプションも。


暑さが苦手な方、長期滞在者には雨季が
マレーシアのベストシーズンと言えるでしょう。

2015y11m02d_215418317

 

ベストシーズンではない時期・ヘイズ

毎年9月~10月はインドネシアの焼き畑による煙害(ヘイズ)
の時期となり、こちらは旅行には決してお勧めしません。

太陽すらも隠れる煙の厚みで気温は下がるものの、
一番の問題は健康被害に加え、遠くの景色が全く見えなく
なってしまう事。

自然や眺望を楽しみたい方には最悪の時期と言えます。

 

ベストシーズンでも気をつけたいこと

以外に罠なのが、一年を通して冷房の効きすぎている屋内。
マレーシアの冷房の強さはかなりのもので、
決して南国だからと防寒対策を怠ってはいけません。

長距離移動のバスや電車は逃げ場がありませんので、
冷え性の方には特に注意が必要です。

 

このほかにもマレーシアで有名なホタル観賞などは1年中可能。
雨上がりの夜などがベストとなります。

これらの結果から目的や滞在期間、体質などを考え、
それぞれにに合った時期が
マレーシアのベストシーズンと言えるでしょう。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

Sponsored Link



コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ