Sponsored Link

バイリンガルだらけ・多民族国家マレーシアの母国語は?

バイリンガルだらけ・多民族国家マレーシアの母国語は?


先住民のマレー系、後の移民である
中華系とインド系の三種類の多民族で
成り立つ国家マレーシア。


マレーシアではそれぞれの民族は各国の
言語を主言語として生活しており、
彼らの共通語は英語とマレー語。


ではマレーシア人の母国語はマレー語となるのか?

ウィキべディアには母国語とはある人物が幼少期より自然に
使っている言語とされています。

 

日本人であれば日本語が母国語となるのが当然ですが
世界的にみれば、その人が最も得意とする第一言語と
母国語は必ずしも一致しないのだとか。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

マレーシア人の母国語・世界の母国語


マレーシアのような多民族国家の場合その傾向は顕著で、
一見マレー語が母語のように思えますが、
マレー語をほとんどど使わずに
英語のみで生活する人もいます。

例えば私の友人(中華系)の子供は英語と広東語、北京語、
マレー語を話しますが、メイン言語はもっぱら英語、
自分のマレー語、広東語の事を「錆び付いている」
と表現していました。


第一言語となるのは大抵は両親の母国語か
その人が受けた学校教育の言語がもととなります。

海外の人が母国語と英語の両方を自在に操るのは、
特に上級学校ではそもそも教科書の表記が英語であり、
全ての科目を英語で受けるためでもあります。


英語や中国語などはもちろん、
1億人以上の話者がいる日本語はマーケット市場として
成り立つため仕事も豊富ですが、
話者の絶対数が極端に少ない国では仕事だけでなく
情報源としても母国語以外の第一言語が必須になるのだとか。

 

 

 

Sponsored Link

 

 

 

マレーシアの母国語まとめ

以上の理由から、話者の絶対数でいえば
マレーシアの母国語はマレー語。

しかしすべてのマレーシア人が
マレー語を母国語とするわけではありません。


日本人の感覚からはとても不思議に思えますが、
多民族による多言語が日々乱れ飛んでいる
マレーシアではそれも当然のことと言えるでしょう。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

Sponsored Link



4 Responses to “バイリンガルだらけ・多民族国家マレーシアの母国語は?”

  1. TOP より:

    SUNさん、フィリピンからの無事のご帰還おめでとうございます。

    フィリピン旅行記のブログも期待していますのでよろしくお願いいたします。

    私事ですが予定が早まり、3/9よりイポーに住むことになりました!

    今はSUNさんの過去のブログを読み漁り、イポー暮らしの準備を進めているところです。

    イポーでワンちゃん2頭を連れて散歩している女性を見かけたら、迷うことなく声を掛けてみますので怪しがらずに話を聞いてやってください。(笑)

    • SUN より:

      TOPさんこんばんは。

      イポーの移住が決まられたということでおめでとうございます!!!

      かなり予定を早められたのですね?驚きました。やはりお住いはメルバレーでしょうか?

      私は日本人社会との接点は殆ど無い状態ですが、狭いイポーでのことなので、きっとお会いする機会もあるかと思います。

      その時はどうぞよろしくお願い致しますね!

       

      フィリピン旅行記も徐々にまとめてまいります。

      今後共よろしくお願いいたします(^^)

  2. Narin より:

    初めまして。わたしは今マレーシアに滞在中で、いつもSUNさんのサイトを見ていました^^マレーシアに詳しいSUNさんに相談したい事があるのですが、よろしいでしょうか?

    わたしは今マレーシアで大学進学を考えています。ホスピタリティ、ツアリズム専攻で三つの大学を候補に挙げています。HELP大学とSEGI大学、そして最近開校したAPU(Asia Pacific University)の三つです。もしご存知でしたら、これらの大学の評判や特徴など教えてほしいです。鵜呑みにはせず、参考程度に留めるのでお願いしますm(_ _)m

     

    • SUN より:

      Narin様はじめまして。
      サイトにご訪問くださりありがとうございます!

      ご質問の件ですが、大変申し訳無いことに私自身が大学とは縁遠い人間であることと、

      ブミプトラ政策があるマレーシアでは、私の華僑の友人やその子供達は殆どが外国の大学に進学するため、

      国内の大学については全く情報がない状態です。

       

      お役に立てず大変申し訳ありません。

      外国への大学進学とても羨ましいです。

      良い結果が得られることを陰ながらお祈り申し上げます!

       

       

このページの先頭へ