Sponsored Link

マレーシアの平均年収と中流層の生活

マレーシアの平均年収と中流層の生活

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

マレーシアの中流層

 

34

 収入は16万円~20数万

MM2Hビザを取得するとマレーシア国内の
銀行口座を
自由に開設することが出来ます。
 

イポーで口座を作るために向かった国内大手銀行メイバンク
銀行口座開設以降お友達になったベッキー。

ハイソな教会通いで金持ちの基準に慣れてしまった為か、
彼女も大家族、裕福なお嬢様なのかとおもいきや、
聞いているこちらが辛くなる程の苦労人。

 

 

 

Sponsored Link
 
 
そんな不遇の環境から並々ならぬ努力で這い上がり、銀行員としてしっかり働く彼女。
彼女の友達はエンジニアなど中流階級が多く、収入は16万円~20数万円と、日本人とも遜色がないレベル。
 
マレーシアではこれだけの収入があればそこそこいい暮らしができます。

 

彼女もまた沢山の友達を紹介してくれ、手料理の持ち寄りパーティや映画鑑賞などの交流を楽しみました。

 

上流階級のハイソな話題についていけない時は、彼らのグループに参加して日常的な会話を楽しむ。なんてことも。

 

P1080728
 
かなり本格的
P1080729
 
フルーツジュースはなんと自作!たっぷりの蜂蜜を入れます
P1080730
 
私は即興の焼きうどん(中央の鍋)
P1080734
 
 

 階層やグループにより変わる標準言語

しかしここで問題が。

マレーシアでは集まるグループによって標準仕様の言語が変わります。

海外と接点の多い上流層のメイン言語は英語。子世代には中国語を話せないケースすらあります。
 
対して中流になると、ここイポーでのメイン言語はほぼ広東語。

 

一人ひとりは英語を話せますが、気心知れたグループで集まると彼らは広東語で会話を楽しみます。
たまに気を使って英語の通訳をしてくれますが、盛り上がりの瞬間にはどうしてもついていけないことに。

 

そんな私にベッキーは必死に広東語を学ばせようとしましたが、生憎私が学びたいのは北京語。
するとベッキーは…

 

 

北京語は学ばなくていい
 
父親の愛人が本土の中国人だから気に入らない(`д´)
 

 

 

 
いや…そんな理由で広東語学びたくないし…(゚A゚;)

 

 

様々な階級を覗くことで見えてくるマレーシア人の生活や考え方。
 
そんな違いに触れてみるのもまた楽しみの一つです。

彼らとのグループ交流を深く掘り下げるなら広東語を覚えてみるのも一興かもしれません。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

Sponsored Link



6 Responses to “マレーシアの平均年収と中流層の生活”

  1. YEW JIN YAN より:

    Hi SUN-san,

    Nice to meet you. I am YEW from Selangor, Malaysia.
    I found your comic in pixiv.net, and it is sounds interest. No matter how I don’t understand japanese but I love your comics, and I will going to support you.

    Could I become your friend?

    • SUN より:

      Hi YEW-san!
      Thank you for seeing my cartoon and visiting this blog.
      Sure we can be friend ! Nice to meet you :)

      • YEW JIN YAN より:

        Nice to meet you too.
        Your English Language quite good. You’re live at Malaysia, aren’t you?
        Which prefecture that you live now?

        • SUN より:

          I am living in Ipho Perak.
          This cartoon also introducing about Ipho.
          I have already been here for 3 years and going to stay here another 7 years.

  2. あこ より:

    はじめまして、こんばんはぁ~
    20年前にイポー人の夫と結婚して住んでいましたが、現在は東京在住です。
    当時、マレーシアさえあまり知られていなかったので、両親には、そんなジャングルの家なんかで暮らしていけるわけないだろう、バラバラにされて埋められでもしたら、もう二度と帰ってこれないんだぞ、、、、と、妄想で作り上げられた本人の人柄もムシ的な事を言われていました(笑)
    実際にはジャングルではなく、藁敷きの床でもなく、土器も使っていませんでしたので(笑)、、、両親は日本から出たことのない人たちだったので、まぁ仕方ないのかなぁ、とも思いました。
    それにしても、、、バラバラにされてって、、、、wwwww

    • SUN より:

      あこさんこんばんは初めまして。
      20年前のイポー羨ましいです!昔は物価もずっと安かったと聞きます。

      確かにマレーシアはタイやシンガポールに比べると認知度が低いですよね。
      私もまったく舐めてかかり、そのギャップに驚いたと同時に土下座する思いでしたが、
      でもバラバラはすごいですね(笑)

このページの先頭へ