Sponsored Link

意外に少なくて驚くマレーシアの人口

意外に少なくて驚くマレーシアの人口

 

マレーシアの国土は日本の約0.9倍と
日本とほぼ同じ面積。

それに対して人口は約3000万人と
日本の4分の1以下となっています。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

マレーシアの人口

マレーシア近隣諸国の人口は以下の通り。

タイ= 約6700万人。
ベトナム 約9000万人
インドネシア 約2億5000万人

上記と照らし合わせると
マレーシアの人口は極端に少なく思えます。

更に多民族国家であるマレーシアでは
人口の6割を占める先住民のマレー人は約1800万人
という計算に。

人口が少ない理由を現地友人に聞いたところ、
以前はとにかく仕事がなく、
子供を持っても養える状態ではなかったのだとか。

経済発展著しい今のマレーシアからは
想像もつかない話です。

 

首都クアラルンプールの人口は約170万人。
人口密度は6696人/平方キロ。

対して東京23区の人口は920万人。
人口密度は14818人/平方キロ。

 

マレーシア国内の人口密度は

マレーシア 91人/平方キロ

日本 336人/平方キロ


となっており、この数字から考えればマレーシアの
家が広いのも納得。
首都のKLでは東京都は比較にならない広さの家や
プール付きのコンドを安値で借りることができます。

 

ちなみに世界人口密度ランキングによれば
日本は82位。
マレーシアは21位。

1位、2位はダントツで
シンガポール 約7800人/平方キロ
香港 約6500人/平方キロ

上記2国は1都市=国のようなものなので、
納得の結果と言えます。


当然家賃も鬼のような値段。
私は香港、シンガポールにも訪れたことがありますが
環境的にも予算的にも住むには大変そうな場所でした。

 

 

 

Sponsored Link

 

 

 

 

少ない人口も、将来的には

人口の少なさは消費市場として魅力が劣る側面もありますが、
マレーシアの人口増加率は近隣のタイやインドネシアを
越えて右肩上がり。

マレーシアの出生率は高く、人口の推移は増加の一途を辿り
2050年までには約4300万人までの
人口増加が予測されています。


少子化が叫ばれて久しい日本とは真逆の状態であり、
人口ピラミッドも見事な正三角形。
原油などの資源も豊富なマレーシアは、これらの人口増加も
手伝ってアジアの優等生と称される経済発展を遂げてきました。
 

その経済発展の後押しをしているのが移民である華僑。

人口の25%を占める中華系が経済の60%を握るという
アンバランスさはあるものの、今後も順調な
人口増加を重ねて行きそうです。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

Sponsored Link



コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ