Sponsored Link

マレーシアのゴミ事情・ストレスフリーで快適なゴミ出し

マレーシアのゴミ事情・ストレスフリーで快適なゴミ出し?


ルールの多い日本ではゴミ出しにも多くの
制約が伴います。

ゴミの分別、ゴミ出し時間、
ゴミ置き場という共用スペースでのトラブル。

しかしそういったストレスはマレーシアの
一般住宅街にはありません。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

マレーシアのゴミ出し事情

2015y12m30d_201509668

コンドミニアムなどの集合住宅はともかく
私の住むマレーシアの一般住宅街には
ゴミ出しの制約が一切ありません。

ゴミの分別こそ首都のKLで徐々に実装されつつ
あるようですが、私の住む地方都市イポーでは
まだまだ分別の必要は無し。

ビンも缶もペットボトルも生ごみ粗大ごみも
全て同じ袋に入れて捨てることが出来ます。


しかも決められた収集場所はなく、
指定の曜日に家の前に置いておくだけ。

 

海外ではよく政府指定のゴミ箱を各家庭が持ち、
専用の収集車がクレーンで担ぐ姿をよく見かけますが。
マレーシアにはそれもなし。
 

 

マレーシアのゴミ事情・自己責任のゴミ出し

収集時間は大体昼頃を回るので、
出す時間も幅広く自由。

日本ではよくゴミ出しのマナーで揉める声を聞きますが
そんな面倒ごとは皆無です。


野良犬、野良猫が多いため、
防止用に道路わきの木につるされている
ゴミ袋もよく見かけます。

自宅前にゴミを置く以上、散らかるのは自己責任なので
前日の夜にごみは出しません。

また、暑さで腐るのでやはり指定日以外にも
生ごみは出しません。

 

 

 

 

Sponsored Link

 

 

 

ズボラな私はゴミ出しは週1もしくは10日に一回
まとめて行います。
(自炊頻度が少ないので生ごみは冷蔵庫で保管)

しかし1エリアの回収量に限界があるため
あまりに量が多いと次回に持ち越しとなってしまいます。


月に一回、庭師さんに草刈りを頼んでいますが、
その際にポリ袋2~3袋のゴミが出た時は
一回で回収されず、日をまたいで少しずつ回収
されていくといった具合です。


そんな訳でマレーシアのゴミ出しは
全てにおいて楽なのですが、
これから先進国入りを目指すマレーシア。

今後ゴミ問題に直面し、
一体どのように変わっていくのでしょうか。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

 

Sponsored Link



コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ