Sponsored Link

移住者がマレーシアで3つの銀行口座開設をしてみた

移住者がマレーシアで3つの銀行口座開設をしてみた

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

マレーシアで銀行口座開設をする

 

私は2012年にマレーシアに移住後

・CIMB
・MAY BANK
・HSBC

の3つの銀行で口座開設をしました。


3%を超える銀行金利など、
マレーシアで口座を持つメリットは大きく、
今回はその経緯についてまとめてみたいと思います。

 

マレーシアMAY BANKの銀行口座開設

マレーシアの銀行口座は基本的に長期滞在ビザがないと
開設できません。

よって銀行にもっていく書類は

・ビザのレター(私の場合はMM2Hのレター。
就労ビザの場合は雇用証明書なども)
・パスポート
・現住所を証明するもの(運転免許証、公共料金の請求書など)

が最低限必要となります。


MAY BANKはマレーシア最大手の銀行で、
ATMの数も多く、最も使い勝手の良い銀行です。

窓口で銀行口座を開設したい旨を伝え、
求められる書類を提出し、あとはひたすら待つだけで
口座開設はあっけなく完了しました。

そしてその場で通帳、クレジットカード機能が
ついたキャッシュカードが渡され、
銀行員さんがATMの使い方などを説明してくれました。


このように書類さえしっかり揃っていれば
口座開設は自動的に行われるので、
スムーズに進めば英語は必要ないとさえ思えたケースでした。

 

 

 

Sponsored Link

 

 

 

 

 

マレーシアCIMBバンクの銀行口座開設

ロングステイビザであるMM2Hビザの取得条件として、
マレーシアの銀行に30万リンギットの定期預金を
組むことが必須であった為、CIMBの口座開設は
ビザの代行取得業者にやってもらいました。

当然開設はスムーズに進み、当時もらった金利は3.4%。


CIMBでは25万リンギット以上を預金すると
プリファード会員となり、専用のルームでの
銀行手続きが可能になります。

そして専用のクレジットカードを作れば
KLIA1にあるラウンジを無料で利用できるなどの特典を
受けることもできます。

私も一度利用をしましたが軽食やデザート、
PCコーナーなども充実しており非常に快適な場所でした
(残念ながらLCCメインのKLIA2にはありません)

MAY BANKほどの利便性はありませんが、
こういった特典を得たい方にはCIMBはありだと思います。

2015y11m02d_215435202

 

マレーシアHSBCの銀行口座開設

最も難航した口座開設がこのマレーシアHSBC。

MAY BANKでは寝ていても終わったであろう口座開設でしたが
HSBCでは日本の住所証明が必要だと言われてしまいました。

聞いてみると以前は必要なかったものの、
テロの影響で口座開設条件が厳しくなったとのこと。


更に日本の住所証明には英語表記がない為、公的機関での
英訳手続きが必要なのです。

私の住むイポーにその機関はなく、
たまたま日本帰国直後で持ち帰った戸籍謄本を手に
車で2時間のペナン領事館(マレーシア第二の都市)
まで赴く羽目になりました。


ペナン領事館の窓口では

「老婆心ながら、銀行口座開設に日本の住所証明が
必要なケースなど前例がないのですが…」

と職員の方に呆れ気味に言われる始末。

首をかしげる職員さんに事情を説明して発行してもらいましたが、
私だってこんな作業しんどい。


結果、無事マレーシアHSBCでの口座開設は済みました。

HSBCは一カ国でプレミア口座を持つと、
各国のHSBC口座を維持手数料無料で持つことができ、
海外投資家には必須の銀行となっています。

 

ちなみに私はこの後に香港HSBC口座を開設しましたが
マレーシアの住所証明ではやはり駄目で、
同じ英訳書類を使って何とか開設を済ませました。

フィリピンHSBCではこれに加えて収入証明の英訳が必要とのこと。

英語表記を持たない日本の書類や身分証は
海外では本当に手間がかかると知りました。


口座開設条件は時と共に変わりますし、支店や担当者レベルでも
変わるのでその都度確認が必要です。

以上、マレーシアの3つの銀行口座開設についてでした。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

Sponsored Link



4 Responses to “移住者がマレーシアで3つの銀行口座開設をしてみた”

  1. KI より:

    サンさん

    お久しぶりです。

     

    マレーシアだけでなく、世界各国でこの傾向が進んでいるようです。 タイでも2015年から旅行者は口座を作れなくなったようです。

    老婆心ながら、海外金融機関とのやり取りが多ければ、シティバンクが区為替や手数料の面でお得だと思いますよ。

    • SUN より:

      KIさんお久しぶりです!

      本当に海外の銀行口座開設は年々難しくなっているようですね。

      私はリンギットについては既に十分な額を移動してしまったので、必要な時だけデビットカードのキャッシングを使ってしまっています。

      USD他の通貨についてはHSBCのプレミア口座間の送金であれば手数料は無料だと思いますが、日本から外国送金する場合のことですよね?
      実は住民票を抜いてしまっているので日本の口座開設の方が現状難しいのです。出国前に色々作っておけばよかったなと;

      チャンスがあれば検討してみたいと思います。アドバイスありがとうございます(^^)

  2. TOP より:

    SUNさん、こんにちは。

    先日のペナン1人ドライブの旅は、HSBCの口座開設をするためだったのですね。お疲れ様でした。

    私も3年前、MM2Hを取得するときにHSBCのプレミア口座を作りました。

    香港の口座も開設したかったのですが、香港に行って手続しなければできないと言われたのでそのままにしてあります。

    SUNさんは香港に行かれて口座開設をされたのでしょうか?

    それともマレーシア内でも可能なのでしょうか?(コネなしで)

     

    • SUN より:

      TOPさんこんにちは!

      ペナン旅の目的はそうだったのです。口座を開設するのも一苦労です。

      香港HSBCについて、私は複数の用事もあったために香港に直接赴いて開設しましたが、香港で手続きしなければならないことは全く知りませんでした。

      フィリピンのHSBCはどうやらマレーシアから開設できるようですが、
      香港はやはり特別なのかもしれないですね。

      コネで開設できたらどんなに楽でしょうか…(笑;

このページの先頭へ