Sponsored Link

マレーシアの教会とキリスト教徒・困ったときの神頼み

心優しいマレーシアのキリスト教徒

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

エリート教会

 

32

マレーシアの母、ビーチンと共に訪れたマレーシアの教会は

とてもハイソ(上流社会)な場所でした。

 

 

 チャーチメンバーは皆家族

ハイソな方々が集まる教会を訪れ、最初こそ面食らったものの、彼らはとにかく親切で優しい。

これは彼らの信じる聖書の教えに基づくもので、クリスチャンである彼らは日々神の教えに倣うために、己を磨き、戒める努力をしています。

 

そして神のもとに集まった人々は皆家族。

家族が困っていれば手を差し伸べる。

 

彼らの優しさはそういった理念から来ます。

P1080549

 

 出会いを求めるなら教会へ

もしマレーシアで出会いがなく、何かに困っていたら一つの手段として教会を訪れてみることをお勧めまします。

信徒じゃなくても、右も左もわからなくても彼らは暖かく迎えてくれますし、無理な勧誘をされることもありません。

信徒になるには自らの、本当の意志からでなければ神を欺くことになるからです。

教会には様々な職業の方が集まるので、必ず誰かが手を差し伸べてくれるはずです。

 

ただし英語で展開される教会のミサは、会話と違って多少の英語力ではとても理解が難しいものです。

本音を言うとかなり退屈で…眠い。

 

しかし神を信仰する彼らにとっては神聖なミサなので、一方的に助けを求めるばかりでなく、彼らを理解する努力も必要です。

 

 

Sponsored Link

 

 

 

 

 

教会のアクティビティに参加して交流を深めるのもよい感じです。

皆で山登りをしたり

P1080605

ビーチキャンプをしたり

P1090644

マレーシアのメジャースポーツ、バトミントン。皆超うまい!!

P1080652

キャロリンと呼ばれるクリスマスイベント。

P1090184

 

 心強い味方

私が移住した当初、最も心の支えになってくれたのは教会のメンバー達でした。

自立した今は少し足が遠のいてしまっていますが、久しぶりに訪れても彼らは変わらず温かい笑顔で私を受け入れ、迎えてくれるので安心して訪れることが出来ます。

ちょくちょくミサに参加しては手作りの日本食を差し入れたり、挨拶をしたり。

 

直接の出会いは無くとも、出会いの輪は人の紹介からも広がるので、まずはきっかけとして足を運んでみるのもいいかもしれません。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

Sponsored Link



コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ