Sponsored Link

マレーシアは多言語の国・日本人が必要な言葉は?

マレーシアは多言語の国・日本人が必要な言葉は?

 

日本人がマレーシアに訪れた際、
最も手軽な言語はズバリ英語。

マレーシアは多言語文化の為、英語の普及率も高く
英語さえ喋れれば言葉で困ることはありません。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

多数の言語を操るマレーシア人

 

2015y09m14d_204757546


マレーシアは多民族が共存し、
人口割合はは多い順にマレー系、中華系、インド系。

先住民族であるマレー系の言語・マレー語を公用語と
するも、中華系は中国語、インド系はインドの言語を操ります。

 

移民である中華系、インド系は出身地に
よっても言語が別れています。

同じ中国語でも北京語、広東語、福建語と
それぞれの言語を操る人もおり、
国民全員がバイリンガルもしくはマルチリンガルという
脅威のスペックを誇ります。

日本人の感覚からは考えられません。

 

 

 

Sponsored Link
 
 
 
 

英語が話せれば言葉は問題なし

そんな多言語のマレーシアですが、
外国人が必要な言語はズバリ英語のみ。

英語さえ話せれば言葉で困ることはなく、
観光から生活まで十分に対応可能です。

 

外国からの出稼ぎ労働者やフードコートなどでは
英語が通じないケースもありますが、
そんな場面は言葉を使わないジェスチャーでも十分ですし
誰か一人は英語が話せるので
素早く言語を切り替えて対応してくれます。


多言語を操る彼らの言語切替能力には
いつも圧倒されます。

 

言語に寛容なマレーシア人

そんな多言語を操るマレーシア人は
言語の違いに対してとても寛容。

上手く言葉で説明出来ず、まごついたとしても、
急かしたりイラついたりせずゆっくり
こちらの言葉を聞いてくれます。

 

現地に住む場合、英語での保険契約や銀行の手続きともなれば
使う言葉も複雑になり、最初は緊張の連続でした。

しかしそんなマレーシア人の性格を知ってからは
わからない所を違う言葉で何度も言い換えて、
恐れる事なく手続きが出来るようになりました。

 

ちなみに言葉が全くわからなくても現地生活は出来ます。
日本語のわかるエージェントに全て有料でお願いするか、
日本語のできる現地友人を作れば良いのです。

しかし突然のトラブル対処、日本人のみに固定化してしまう
人間関係を考えると、全く言葉が話せない状態での生活では
ストレスや不安も多く、楽しみが半減してしまいます。

自分の意志を伝えられる程度の言葉・単語力位は
身につけておきたいところです。

 

日本人には馴染みのない言語ばかりですが、
マレーシアではさまざまな言葉を使うチャンスがあり、
英語を含め、新しい言語を覚える環境としても
最適だと感じます。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

Sponsored Link



コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ