Sponsored Link

マレーシアのタクシーと料金は良心的?現地移住者の感想

マレーシアのタクシーと料金は良心的?現地移住者の感想

 

↓ブログランキング参加中です。クリック応援宜しくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

マレーシアのタクシー

日本のタクシー料金はアジアでもトップクラスの高さ。
初乗りの高さにおいては世界第2位との統計もある程です。

しかし日本ではよほどの事がない限り利用しないタクシーも
マレーシアではその値段の安さから観光やちょっとした移動の
気軽な足となっています。

そんなマレーシアタクシーの利用方法について
まとめてみました。

 

 

 

Sponsored Link

 

 

 

マレーシアのクーポンタクシー

KLIA国際空港や主要駅のKLセントラル駅から
市内に出る場合はクーポン利用が一般的。

チケットカウンターで行き先を告げると距離に合わせた料金で
クーポンを購入できるので、それを運転手に渡すだけ。

料金は少し割高ですが交渉の必要やボッタクリの心配もなく、
観光客には安心のシステムとなっています。


マレーシアの運転手は大抵は英語が通じますが
訛りや癖で聞き取りにくいため、英語のアドレスを
記載したメモを見せるのが安心で確実です。

 

マレーシアのメータータクシー

マレーシアの首都・KLのタクシーは
メーター制となっていますが、
たまにメーターをオンにしない運転手に出会います。

その場合メーターをオンにするよう要求するか、
応じない場合は乗車を拒否するのも一つの手段です。

しかしメーターをオンにしたから安心という訳でもなく、
たまに料金がハイスピードで上がる改造メータが存在するため、
メーターの上がり具合にはチェックが必要。

気付いた時点で指摘するか、その場で降りる判断もありです。


渋滞やスコールの際は運転手も客の足元を見るのか、
言い値交渉の率が上がります。

2015y09m29d_194543787

 

以前など、ボッタクリを避けるためにホテルから
タクシーを頼んだところ、
「ホテルから呼んだので別途料金の20RMが必要」
と言われたことがありました。

タチの悪い運転手はあの手この手でボッタクリを
行うため、見極めには慣れが必要です。

 

交渉・チャーター

KL以外のマレーシアの都市ではメーターがなく、
全て言い値交渉での乗車になります。

相場がわからないと非常に困るので、
複数の運転手がいる場合はそれぞれの値段を聞く事も必要です。

昼と夜とで公式に相場が変わるケースもあります。


チャーターの場合もマレーシアの各都市によって
相場が変わります。

チャーターはホテルからだと
紹介料込の割高となりますが、まずはホテルで値段を聞いて
相場判断の基準にするのも一つの手です。

 

マレーシアのタクシーまとめ

日本のタクシーは値段に比例してサービスも最上級。

対してマレーシアのタクシーは英国紙に世界最悪とまで
評されるレベルとも。

交渉やボッタクリとは無縁の日本人には扱いにくい海外の
タクシーですが、マレーシアはフィリピン・マニラなどと
比べるとボッタクリ率も低く、個人的観点では
かなり良心的な運転手が多いと感じます。
(マニラタクシーのウザさはもはや破壊的…)


マレーシアでは例え上乗せされても元々の料金は安いので、
あまり神経質に構えすぎない事も重要です。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

Sponsored Link



コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ