Sponsored Link

マレーシアでチップを渡すケースとは?現地在住者の経験

マレーシアシアにチップの文化はない・しかし現地では

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

一般的なチップのケース

日本人には馴染みのないチップですが
同様にマレーシアにもチップの文化はありません。


変に気を使うと逆に怪訝な顔をされてしまうことも。

2015y09m14d_205232623


チップを支払う場面で最も一般的なのが
ホテルなどのサービスに対して満足した場合。
もしくは特別な用事を頼んだ場合に感謝の気持ちとして
ボーイさんなどに支払うのが通例。

金額は1RM~。

あまり気を使わずに自分にとって
妥当と思える額を渡すのが一番でしょう。

 

チップの習慣はないけれど…

私がチップの存在に気がついたのは
現地友人たちの行動からでした。


行きつけのレストランで伝票に
少額を挟んでそのまま立ち去る。

マッサージ後に5RM程をマッサージ師さんに渡す等々。

え?チップの習慣ないんだよね?

と慌てて尋ねると、


良いサービスへの感謝。または

彼らは外国からはるばる働きにきているから


との返答が。

 

 

Sponsored Link

 

 

チップを支払うケースとその相手

基本的にチップはマレーシア人相手よりも
外国人労働者に渡すケースが大半。

マレーシアには周辺各国から多くの労働者が
出稼ぎにきており、その多くが月収1000RM前後の
低賃金で働いています。


友人たちの行動を見てから私も彼らにチップを
支払うようになりました。


時々行くマッサージ店で
中国やタイからの出稼ぎマッサージ師さんに。

パートタイムで来てくれた
インドネシアやカンボジアからのメイドさんに。

引っ越しで重い荷物を運んでくれた男性達に。

それぞれ満足の度合いにより1~10RM程。

 

マレーシアでは5RMで屋台一食分の価値となり、
彼らにとっては更に大きく価値があるもの。

そして彼らの安い労働があるからこそ
私の現地生活も成り立つわけで、
ささやかな感謝の気持ちでチップを渡しています。

 

しかし当然ながらチップはサービスに満足した場合に渡すもの。

チップが習慣化し、満足もしていないサービスに
義務で渡しては、かえって悪習となってしまうため、
その線引きには気をつけたいものです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

Sponsored Link



コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ