Sponsored Link

マレーシアの家賃をどこまで抑えるか・移住者の考察

マレーシアの家賃をどこまで抑えるか・移住者の考察


マレーシアは日本人の移住先として長年
ナンバーワンの人気を誇ります。

その理由の一つが物価と住まい(家賃)の安さ。

日本と同等かそれ以下の家賃で
家具付きの高級コンドミニアムに住めるのは
大きなポイントです。


資金が潤沢にあるシニアのリタイア世代は
そのほとんどが日本人居住区である高級エリアに
住みながらセカンドライフを謳歌しています。


しかし私のように節約移住で来た者は
その限りではありません。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

マレーシアでの家賃削減

上記で挙げた大都市の高級コンドに住む場合、
家賃は2500RM(8万円前後)から。


東京でこの値段ならワンルームしか借りられないので
確かにお得感は満載です。

しかしマレーシアの物価の安さを最大限に生かすのなら
日本と同レベルの住居で家賃を抑えたほうが
節約移住には適切です。


その方法として私が実際に行っているのは

・KL以外の都市に住む
・もしくは郊外に住む

という日本でも当たり前の方法。

マレーシアは車社会の為、
この場合車が必須になりますが、
郊外や田舎では渋滞とは無縁ですので
運転も比較的安全です。


マレーシア第三の都市、イポーの人気エリアに住む私の
家賃は毎月700RM。

日本円で2万円程度の家賃でも
マレーシアなら庭付き200㎡の快適な住まいが
借りられます。

 

 

 

 

Sponsored Link

 

 


現在は街の中心部に住んではいるものの、
イポーには多数の大型ショッピングモール(ジャスコ)が
続々とオープンしており、
その傍であれば利便性はどこも変わらないと考えています。

つまり中心部を離れ、
イポー郊外のジャスコ付近に移り住めばその相場は
300RM~となります。

 

生きている限りかかり続ける住居費や家賃を
抑えらればかなりの節約が期待できます。

 

マレーシアの家賃まとめ

そんな私もマレーシアに来た当初は日本人居住区の
ハイグレードな物件に目がくらみました。


日本人同士は皆同じ生活レベルを基本としますし
人を呼んだ際に見栄を張りたいという気持ちもありました。

 

しかしマレーシアの家は基本的に広いので
それなりの家賃でそれなりの設備でも
日本の家よりかなり贅沢です。

無理して背伸びすることは早々に諦め、
現在では居を移るたびに
ダウングレードをしている始末です。


ただしこれらは日本人居住区を離れ、
日本語を使わない生活が大前提。


私の元には移住希望者から
マレーシアの住まい相談のメールが届きますが、
日本語しか話せず、現地に精通していない方には
日本人居住区をおすすめしています。


逆に言葉さえ話せれば、現地の人脈を構築して
いくらでもコストダウンが可能となります。

海外・マレーシアで自分に最適なライフスタイルを
送る為には、言葉の問題や自立心はとても
重要だと感じています。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

 

Sponsored Link



コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ