Sponsored Link

車の輸入でボロ儲け?マレーシア(MM2Hビザ)・使い方失敗例

車の輸入でボロ儲け?マレーシア(MM2Hビザ)・使い方失敗例

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

019

車の購入。

 

マレーシアは日本と比べるとまだまだインフラが未整備、人々の足は必然的に車が中心となります。

人口70万人の都市でありながら駅に辿り着くには車が必須のイポー。

2015y05m30d_111503311

 

庶民の生活の要である車。

平均所得が日本の半分以下とされるマレーシア。

 

当然車は安いだろう。

 

そう安易に判断し、日本で車を購入しなかった私。

しかし実際にはマレーシアでの車の価格は日本の2倍近く。

しかも上述の通り、庶民必須の足となるため中古車の値段が全く下がらない。

というダブルパンチを食らってしまったのでした。

これはマレーシア政府が「確実に取れる税金」「国産車を守る措置」として、車の税率を非常に高くしているためです。

 

しかし私と同じくMM2Hビザホルダーであれば、有効な回避方法があります。

MM2Hホルダーの特典の一つに、

 

購入後半年以上の車を無税で輸入できる

 

というものがあり、こちらを利用すれば安価で人気の日本車を持ち込むことが出来ます。

そして更に上述の「中古車の値段が下がらない」という特性を利用し、マレーシア撤退の際に車を売却すれば、

 

 元を取るどころかプラスの利益が見込める

というのです。

 

 

Sponsored Link

 

 

しかしMM2Hホルダーが無税で車を持ち込める期間はビザ取得から最初の6ヶ月のみ。

当然むやみに車を輸入し、売却してボロ儲けという構図にはなっておりませんのでご注意を。

こちらの方法について興味のある方は是非調べてみることをお勧め致します。

 売却・廃車時の税金等も織り込んだ正しい知識必要となりますのでくれぐれもご注意を。

 

 失敗例の私はといえば前述のとおり、

・日本の運転免許を所有しておらず、運転に後ろ向きだったこと

・マレーシアの車価格を甘く見ていたこと

・輸入条件である購入から半年以上の車を用意できなかったこと

 

・日本車が外車であるという認識がなかったこと

 

という理由から車に関しては大失敗をしてしまいました。

何しろ移住後にトヨタとホンダのロゴを見分けられるようになった。というツワモノ無関心ぶりだったのです…。

 

個人的にですが、この事を知らないMM2Hホルダーさんは意外に多いように思います。

なぜなら

知っていれば誰かが教えてくれたはず…。

と思うのです。

 現地で新車を買う方も多いですね。

※MM2H取得から1年は、マレーシア国内の新車購入が無税で可能。

 

 結局マレーシアで最もポピュラーな国産の中古マイビーを購入。

ボロ車ではあるものの人生初の車には愛着を持っています。

 

更にはマレーシアには車検制度がありません。

 

車の修理費も安く、日本では廃車になるレベルの車が大量に現役走行をしているため、修理技術は日本より高いという噂すらあり、維持費がとても安いです。

2015y05m30d_111247109

そしてガソリンの値段も1リットル70円程度。

 

ぜ、全体的に見ればまぁまぁなんじゃないの…

 と、どうにか自分を慰めています。

 

それにしても私が車の購入から2年半で走った距離は6000キロ程度。

それに対し6年で18万キロというマレーシア人のライフスタイル。

私の10倍アクティブです。

↓よろしければ応援クリックをお願いいたします↓

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

Sponsored Link



6 Responses to “車の輸入でボロ儲け?マレーシア(MM2Hビザ)・使い方失敗例”

  1. 通りすがり より:

    こんにちは。私もMM2Hでマレーシアの地方都市(イポーより田舎)に住んでいます。
    日本ではペーパードライバーでしたが、幸い、徒歩圏内にスーパー、ショップロット、地区で一番大きい病院があり、車なしで暮らしていけます。ジャスコまでのバスも1時間に3本あります。
    地方だったので、コンドミニアムはなく、ホテルのキッチン付き部屋を年間契約で借りましたが、節約移住としては成功だったと思います。

    • kyochan より:

      コメントありがとうございます。
      地方都市に車なしで生活されているなんてツワモノですね!
      確かに立地や家族構成、生活スタイルによっては決して不可能ではないですね!
      地方都市での節約移住・成功例をお聞きできて嬉しいです(^^)

      • 通りすがり より:

        レスありがとうございます。

        こちらには、ジャスコ以外娯楽はまったくありませんが、私も締め切りに追われ、仕事場に引きこもるフリーランスなので、その点は問題ありません。
        年金生活者のMM2Hブログでは読めないような記事を期待します。
        明朝締め切りの仕事がありますので、今日はこれにて失礼します。

        • SUN より:

          こんにちは。コメント時の名前が違っておりましたが修正致しました。うっかり気づかず、もし混乱させていましたらすみません。

          地方都市においてジャスコは立派な娯楽ですよね(笑)
          自宅で出来るフリーランスのお仕事をお持ちの方には是非海外移住をしてみてほしいと思いますが、やはり色々難しいのか、数はとても少ないですね。
          今後もそんな視点から記事をお届けしたいと思います。
          お仕事がんばって下さいませ(^^)

  2. dabo_gc より:

    免税でボロ儲けと書かれていますが、その車を売却、あるいは廃車するときには、「その時点で計算された税金を収めなければならない」のはご存知ですよね?つまり、日本から持ち込んだ車、あるいは免税で買った車をすぐに転売してもゴッソリ儲かるようにはなっていない。

    そしてその税金は結構高く、支払い時にびっくりするケースもあるようで、免税ではなくて「保税」と考えたほうが良いはず。車の償却はもちろんあって年々その税額は下がるわけですが。また日本に引き上げるときにその車を持って帰る人も中にはいるとのこと。

    売却・廃車時に税金を払わなければならないと書いておかないと大変な勘違いをする読者も出てくると思い、このコメントを残させていただきます。

    • SUN より:

      コメントとご指摘を有り難うございます。
      税金のことはもちろん存じております。
      「むやみにボロ儲け出来る構図になっていない」ということと「興味のある方は調べてみること」をきちんと強調したつもりですが、ご指摘の通りに伝わらない可能性も含めて追記修正をさせていただきました。
      貴重なご意見をいただき有り難うございました(^^)

このページの先頭へ