Sponsored Link

マレーシア移住で失敗しない人の7つの特徴

マレーシア移住で失敗しない人の7つの特徴


マレーシアに移住してみると、毎年多くの人が訪れては
日本に帰国していく姿を目にします。

反面、いつまでたっても楽しげな人々や、
MM2Hビザの延長を申請して引き続き
のんびり過ごしている人も。


今回はマレーシア移住に向いている、
失敗しないタイプの特徴を
7つにまとめてみました。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

マレーシア移住で失敗しない人の特徴

 

愚痴や文句を言わない

マレーシアでうまく暮らしている人々が口に出す言葉は
決まって「楽しい」「幸せ」といったポジティブな言葉。
現地の良さは語っても悪口を率先して語りません。

仮に不満を口にしても、最後はポジティブに終わる。

そんな切替と思考パターンが身に着けば、
程度の差はあれど毎日幸せを感じられることでしょう。

 

他人に干渉しない

現地の人々はもちろん
移住先では全く違う境遇、職業の人が集まり、
同じ日本人といえども価値観の相違は多くあります。


多民族国家のマレーシアで異人種が平和に
共存できるのも、相手との常識の違いを気にせず、
人は人、自分は自分、と他人との線引きが
しっかりしているからこそ。

余計な干渉は衝突やトラブルの元となります。

 

 

 

Sponsored Link

 

 

 

ハッキリ意志を伝えられる

日本では言わずとも伝わる常識や察しの文化で
人々の共通認識が成り立っていますが、
海外ではそういった期待は一切もてません。

躊躇や我慢を重ねてじわじわとストレスを
ためてしまうと精神的にも悪影響。

裏で愚痴を重ねてもあまり意味はありません。


日本の基準から考えて少し図々しいくらいが
こちらでは普通と考えていいでしょう。

 

趣味を持っている

マレーシアは移住先として長年人気の国ですが、
何もしないでも毎日楽しいことが降って湧く
わけではありません。

他人と共有できる趣味ももちろん有効ですが、
自分一人で没頭できる趣味を持つことがより理想的。


時間を持て余すことなく、
他人との時間に期待しすぎず、
臨機応変で軽いフットワークが可能になります。

 

単独で行動できる

海外では言葉の問題が大きく、
家にこもりがちになったり他人を頼りきった生活を
してしまいがちです。

しかし趣味と同様、一人行動のスキルは
海外では大きな武器であり、強みとなります。

P1080739

 

現地人との交流に積極的

日本人の中には日本人コミュニティだけで生活し、
何年暮らしていても現地の友達が一人もいない
というケースが多く見られます。
 

それで上手く行けば何の問題もありませんが、
実際には面倒なトラブルが多いのも事実。
 

勇気を出して現地のコミュニティに飛び込めば
特に親日の現地人は快く対応してくれるはず。

現地人の知識と知恵ほど頼もしいものは
ありません。

 

好奇心が強い

海外にいながら日本の暮らしの再現を試みても
膨大なコストがかかりますし、
それでは海外に住む意味もありません。

P1090961

せっかく海外にいるのだから貴重な機会と考え、
現地の文化や食べ物に好奇心を持って接すれば
現地にも馴染みやすく、
失意の失敗とは無縁な海外生活となることでしょう。
 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

Sponsored Link



コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ