Sponsored Link

ペナン島旅行記③東南アジア最長の橋を女一人旅ドライブ

ペナン島旅行記③東南アジア最長の橋を女一人旅ドライブ

2015y09m26d_230533331

↓ブログランキング参加中です。クリック応援宜しくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ペナン島旅行記③東南アジア最長の橋


2泊3日のペナン島ドライブ旅行もあっという間に
最終日となり、この日はチェックアウトの時間まで
宿泊先のロストパラダイスでゆっくりすることに。

犬連れの宿泊が可能なロストパラダイスはとても
のんびりと時間が流れる良い場所でした。

ペナン島旅行記①世界遺産の街へ

ペナン島旅行記②巨大寺院「極楽寺」へ

 

 

 

Sponsored Link

 

 

 

 

ペナン島旅行記・ペナン第二大橋へ

 

2015-05-07 08.38.37
リゾートで朝食ビュッフェを食べ、中国人オーナーと話していると

「イポーに帰るなら第二大橋を使うと早いよ」

 

と言われました。早速アドレスを調べてGPSをセット。

2015y09m23d_160429668
この第二大橋は2008年から建設が始まり、
2014年に3月に完成。

総延長24㎞という、東南アジアで最長の橋となります。

2015y09m20d_171832204


ドライブ時間を短縮したかった私は迷わずこの帰路を
選び、リゾートを後にして第二大橋へと向かいました。

 

ペナン島旅行記・リゾートから第二大橋へ

しかしGPSを使ってもなかなか辿りつけないのが
マレーシアの道路。


何しろ一つ車線を間違えただけであらぬ方向に行ってしまう
というのに、GPSの案内は時に非常に曖昧なのです。

結局、第二大橋に辿り着く頃には1時間近くが経過していました。
ペナン島から脱出できない…。


しかしそんなストレスも、橋に着いた途端に吹き飛びました。

ビックリするほど車がいないのです。


総工費は45億リンギットとの事ですが、
採算取れるのだろうか…というほど車がいない。

2015y09m23d_160236455

 

どこまでもどこまでも続く橋と
見渡す限り4方に広がる海の上を貸し切り状態で飛ばす
ドライブは爽快そのもの。

ペナン島旅行の中で最も満足できた瞬間でした。

2015y09m20d_171735147

ネットによれば普通車両は8.5リンギットの通行料金がかかる
はずなのですが、料金所などはどこにもなく
結局無料で通過。

開通から一ヶ月は無料になっていたそうですが
この時点ではそんな時期はとっくにすぎていたにも
かかわらず、無料…??

採算は一体どうなっているのか。
なんだか心配になりました。


このペナン島旅行と第二大橋を境に、
犬連れドライブ旅行にすっかりハマってしまった私。

次はもう一つの世界遺産の街、マラッカへの
無謀なドライブ計画(片道5時間)を立てています。


ペナン島旅行記①世界遺産の街へ

ペナン島旅行記②巨大寺院「極楽寺」へ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

Sponsored Link



4 Responses to “ペナン島旅行記③東南アジア最長の橋を女一人旅ドライブ”

  1. dabo_gc より:

    第二大橋が出来たことを全く知りませんでした。凄いですねぇ。

    ところでペナンに私が行った時に、あてにならないカーナビのいうことを聞かずに違う道を行きました所、渡りたくもない橋を渡ることになりまして、カーナビよりバカな自分に落ち込んだことがありました。

    ドライブ旅行の日記、面白いです。

    • SUN より:

      dabo_gcさん初めまして、いつもブログを楽しく拝見しております。コメントをいただきありがとうございます!

      私もカーナビの度重なるミスに切れて一度無視をしましたところ、ひどく大回りするはめになり、その後は黙っていうことを聞きました(笑

      大体カーナビがなければペナン島まで行けていませんので、結局はカーナビさまさまなのです(^^;)

      第二大橋は大変な規模で本当に素晴らしい眺めでした。次に赴かれるときは是非!

       

  2. JIN NOMURA より:

    ペナンの橋は2つともに本土側から入る時に往復の料金が取られますので

    出る際には料金を払う必要は有りません。

    • SUN より:

      JINさんはじめまして!

      そういうことだったのですかー。島ならではの、とても効率的なシステムですね!

      どなたかが答えてくれるだろうと密かに期待しておりましたが、やっと謎がとけました。どうもありがとうございました!

このページの先頭へ