Sponsored Link

ルールを無視するマレーシア人?いいえ何事もトライです

ルールはどこへ?

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

とにかくトライするマレーシア人

 

68

工事中の標識も何のその、マレーシア人は
とにかく自分の目で見て納得するまで引き下がりません。


マレーシア経済を握る華人がビジネスに長けているのも
この諦めの悪さから来ているのだと思います。

もしかしたら何事も直ぐに引き下がり、大に習うことで
日本人は多くのチャンスを失っているのかもしれません。

 

言っていることが皆違う

マレーシアに来て最も感じているのが
他人の言葉を安易に信用しないという事。

とにかく自信満々に違うことを言う。
普通の人から役所の人間まで幅広くなので、安易に信用して
あっちこっちと振り回されることは日常茶飯事です。


そこでまず疑ってかかるということを覚えました。

丸っと信用できないので、
自分で頭を使い、判断する癖が身に付きます。


そして自分で出した結論にもとづいて行動し、
納得した上で物事を学びます。

 

 

Sponsored Link

 

 

 

周りに流されるままに物事を決める

日本にいた時の私は自分で物事を判断することが苦手でした。

大きな決断は自分のモチベーション無しには出来ないので、
自分で決定していましたが小さな物事になると
すぐに人の意見を仰ぎ、人に言われるままに行動していました。

つまり常識に従い、目立たず小さくまとまることを良しと信じ、
あらゆる行動を常識の範囲内に留めていました。


そして基本的に、「あれをするのはよくない~」
「やめたほうがいい」という否定に囲まれていた為に
常にネガティブな感情に支配され、
様々なことを諦めていました。


日本社会の中で大に逆らい、個を主張することは非常に困難で、
自分の本当の意思を常に殺していたために
慢性的なうつ状態でした。

 

保健所から引き取った直後の愛犬。

日本にいた時の私もこんな感じでした。

姿勢がおかしいし、目の光が死んでいます。

 

とにかく周りに流されずやってみる


しかしマレーシアでそんな感情は一切消えました。

仮に「あれをするのはよくない~」「やめたほうがいい」
とネガティブな意見が出ても
まず疑うという思考が良い意味で身についた為
ネガティブな意見を吸収せずに一旦傍に置く習慣がつきました。


更にマレーシアでは周囲がNOと言っても
一人の権限者がYESと言えば全て覆ることもあります。

自分で判断し、目で見て決めることに慣れた現地友人たちは
もちろんそれを心得ていて、あらゆる可能性を教えてくれます。

 

日本人にとってルールを無視することは抵抗がありますが、
そんな事実をリアルタイムで経験してきた私にとって、


何事もまずトライという友人の言葉は深いなぁ…
としんみり頷いてしまうのでした。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

Sponsored Link



コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ