Sponsored Link

マレーシアの母は菩薩様~日本人ブランドの恩恵

 

 

 世界に通用する日本人ブランド

 

31

 

 

現地マレーシア人との出会い

プトラジャヤ移民局で出会ったジャッキー。

そのジャッキーを介して知り合ったビーチン。

 

敬虔なクリスチャンであるビーチンは笑顔も口調も物腰も全てが穏やか。

抜群の包容力で神の名を説く彼女にはなんとも言えぬ説得力があり、その姿は聖母マリアと言うより菩薩様。彼女が如何に愛に溢れているかは優しく明るい娘さん達を見れば一目瞭然でした。

 

それにしても聞けば聞くほど医者と弁護士で構成されたこの一族。日本でこのような出会いが有るかというと、私にとっては間違いなくNO。

出会おうにも共通の場がないし、きっと会話も合わない。

 

しかしマレーシアならこんな出会いも可能になってしまいます。

会話の内容はそれぞれの国や文化、家族のことで十分。

相手に合わせて背伸びをする必要もなく、ありのままを話すだけで全てが新鮮に映ります。

 

移住してすぐの海外で、現地の法律と医療の専門家に出会えた心強さは言葉では言い表せませんでした。

 

 

 

Sponsored Link

 

 

親日のマレーシア

もし私が日本人でなければ、移住直後でここまで無警戒に受け入れられ、娘にしたいとまで言われることは無かったでしょう。

日本人=世界的な信頼という図式は全て先人が積み重ねてくれたもの。

そしてその恩恵に預かる場面は海外ではとても多いです。

 

世界最強クラスのパスポートもその証。多くの国にビザ無しで入国できるパスポートは外国人からすれば垂涎ものの価値。

これは何の努力の必要もなく、日本人に生まれた全ての人が持つ特権です。

 

以前アフリカ系カナダ人の友人がこう言っていました。

 

アフリカから出国するときは厳しく疑いがかけられるんだよ。まるで尋問みたいに。

でもカナダのパスポートを見た途端彼らの態度は一変する。

僕という人間は何も変わらないのに、ただ一冊のパスポートと国籍で全てが変わるんだ。

と。

 

多くの日本人が、海外でのデメリットにしか焦点を当てていません。

しかし英語(他言語)と日本人。この2つが加わるだけで海外生活の幅は広く楽しくどこまでも広がりますし、この恩恵に預からないのは非常に勿体無いことです。

そして先人が積み重ねてくれた信頼を維持するよう振る舞うのも重要なこと。

 

これまで本当に色んな職業の方と知り合う事ができ、それが今の私の生活を支えています。

マレーシアに来て以来、日本人で良かったと思える瞬間は数知れません。

 

日本人で良かったなぁ。

良かった良かった。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

Sponsored Link



3 Responses to “マレーシアの母は菩薩様~日本人ブランドの恩恵”

  1. TOP より:

    SUNさん、いつも楽しく有益な情報をありがとうございます。
    いやー、羨ましいですね。
    現地の方とコミニュケーションが取れて親しくなれることには心底憧れます。
    せっかく海外に行くのですから狭い日本人村で窮屈な思いをすることなく、これまで体験できなかった異文化の世界を満喫したいものです。
    でもやはり英語がある程度必要ですよね・・・
    英語で夢が見れるようになるまで、頑張って習得します!

    • SUN より:

      TOPさんこんにちは。
      私が本当にラッキーだったのか、彼らがフレンドリーすぎるのかはわかりませんが、
      充実した現地の生活に現地人との交流は欠かせないと思っております(個人的にですが)。

      もし引きこもって一人でいるのが好きとなればやっぱり英語力も必要ないと思いますし、
      それぞれのライフスタイル次第ですよね。
      TOPさんが現地交流を望まれるのであれば、英会話を習得して損することは一切ないと思います!
      私は現在リーディング特訓中なので、ご一緒にがんばりましょう!

  2. トラ より:

    初めまして。疲れた時マレーシアブログに訪れています。

    ”日本人=世界的な信頼という図式は全て先人が積み重ねてくれたもの”

    の、お言葉に感激いたしました。

    実はペーストするつもりでしたがうまくいきません。

    マレーシアで実在した日本人の怪傑ハリマオーのお話をあなたに読んでほしくて。「ハリマオ」本名は谷豊(たにゆたか)といいます。

     

    ペーストできないので

    1 検索に  ねずさんのひとりごと 

    2 ねずさんのひとりごと右欄 中ほどの検索に ハリマオーと入れ      てください。

    私は長年この方のブログを読んでいますが涙なしには読めません。それも、知らなかったことばかりで今では多くの実話を学ぶことができました。

    日本の子供たちに漫画本にして伝えることができたらどんなに素晴らしいことかと、考えただけでも胸がワクワクします。

    何しろ実話ですから、子供たちに夢を与え歴史に興味をもってもらえたら亦、日本人として生まれたことに誇りと自信を与えるきっかけにもなります。こんな凄いことはありません。

    是非読んでください、お願いします。

     

     

このページの先頭へ